img
img

▼施設概要 ▼イベント情報
▼展示室からの情報 ▼おもな展示資料
▼来園のご案内

施設概要

江戸東京たてもの園は、1993年(平成5)3月28日に開園した野外博物館です。都立小金井公園の中に位置し、敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの30棟の復元建造物が建ち並んでいます。当園では、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。

(写真は仕立屋室内のガス灯)


お知らせ

昔のこどもの遊びの情景再現を吉野家・綱島家・万徳旅館脇空地で実施中です。お子さま向けにご用意しております。


イベント情報

img
チラシ表面
img
チラシ裏面

紅葉とたてものの
ライトアップ
平成27年11月21日(土)~
平成27年11月23日(月・祝)

詳しくは企画紹介ページ


展示室からの情報

img
チラシ表面

東京郷土資料陳列館
ものがたり

-東京の地域博物館 事始め-
平成27年7月28日(火)~
平成28年2月21日(日)
ページトップへ

1934年(昭和9)、有栖川宮家と所縁のある高松宮宣仁親王より御用地の一部が東京市に寄付され、これを受けて東京市はもとの地形や樹林を活かした「有栖川宮記念公園」を築造しました。公園地の東部に、東京の自然と人文の両面から市政の概要を展示公開する施設として、「東京郷土資料陳列館」(以下、「陳列館」と略す)が設置され、同年11月に開館しました。
「陳列館」は年中無休、入場無料で、東京市内の小学生や公園利用者が訪れ、1939年(昭和14)度には16万人もの来館者数を数えました。終戦とともに荒廃しましたが、残った資料は、戦後、武蔵野博物館、武蔵野郷土資料館、江戸東京たてもの園へと引継がれました。「陳列館」は東京市が手掛けた地域博物館第一号であり、いわば江戸東京博物館のルーツです。本展では、「陳列館」の展示構成に基づき、当時の展示を可能な限りよみがえらせることにより、東京の地域博物館の歴史を振り返ります。 


第1章<市の紋章>

img
東京市の紋章を示す絵葉書 1932年(昭和7)
江戸東京博物館所蔵

<もっと見る>

ページトップへ


高橋是清邸内展示
「日本銀行・横浜
正金銀行時代」


平成27年9月1日(火)~
平成27年12月25日(金)

img

img
江戸東京たてもの園のセンターゾーンには高橋是清邸の主屋と玄関が移築復元されています。高橋是清は1899年(明治32)、赤坂表町(現在の港区赤坂)の武家屋敷跡の土地を購入し、古い建物に住みながら、総栂普請の家を建築し、1902年(明治35)に竣工しました。主屋の2階は是清がくつろいで読書をしたり日記をつけたりする書斎及び寝室として使われていました。1936年(昭和11)2月26日未明、是清が青年将校による襲撃を受けたのもこの場所でした。是清の死後、故人の遺志により、遺族らによって土地と建物は東京市に寄贈され、1941年(昭和16)より、邸宅跡地は「高橋是清翁記念公園」として公開され、邸宅の主屋と玄関は多磨霊園に移築されて、休憩所「仁翁閣」として使われました。1945年(昭和20)、東京大空襲により、邸宅跡地は被災しましたが、多磨霊園にあった仁翁閣は被災を免れ、明治時代の建築を今に伝えています。1993年(平成5)より江戸東京たてもの園の復元建造物として公開しており、1階食堂にて是清の波乱の生涯や赤坂にあった邸宅の全貌などを紹介する展示を行っています。年4回、テーマを変えて、是清の遺品をはじめ、本館(江戸東京博物館)が所蔵する関連の歴史資料などを展示しています。

詳しくは「高橋是清邸内展示」ページへ

ページトップへ



来園のご案内

<休園日>

<11月の休園日>
11月2日(月)、9日(月)、16日(月)、
24日(火)、30日(月)

<12月の休園日>
12月7日(月)、14日(月)、21日、26日~1月1日

<1月の休園日>
1月4日(月)、12日(火)、18日(月)、25日(月)

毎週月曜日、月曜日が祝休日の場合はその翌日

<入園料>

一般400円(320円)、大学生320円(250円)、65歳以上の方200円(160円)、
中学生(都外)・高校生200円(160円)、小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
※()は20名様以上の団体料金

<開園時間>
 4月~9月 9:30~17:30
10月~3月 9:30~16:30
※入園は閉園の30分前まで

ページトップへ


(C)EDO-TOKYO OPEN AIR ARCHITECTUAL MUSEUM