img
img

▼施設概要 ▼イベント情報
▼展示室からの情報 ▼おもな展示資料
▼来園のご案内

施設概要

江戸東京たてもの園は、1993年(平成5)3月28日に開園した野外博物館です。都立小金井公園の中に位置し、敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの30棟の復元建造物が建ち並んでいます。当園では、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。

(写真は伊達家の門付近)




展示室からの情報

img
チラシ表面
img
チラシ裏面

モダン都市の文学誌
~描かれた浅草新宿武蔵野
6月2日(火)~7月20日(月・祝)
ページトップへ


 関東大震災によって江戸の名残が失われた東京では、従来の「盛り場・浅草」に加えて、カフェーや百貨店が進出した「繁華街・銀座」や、私鉄の開発をみた「西郊からの玄関口・新宿」など、「モダン都市」の様相をみせる街が賑わいました。
 本展覧会では、こうした街の特徴を描いた文学作品の中から、『浅草紅団』(川端康成)、『つゆのあとさき』(永井荷風)、『新宿スケッチ』(龍膽寺雄)、『春園』(横光利一)などをもとに、都市東京の移り変わりを明らかにするとともに、郊外の姿を紹介します。

 盛り場浅草
img
浅草雷門ビル(地下鉄食堂) 昭和初期 資料提供 東京地下鉄株式会社
 
img
川端康成(かわばた・やすなり)

 繁華街 銀座
img
「断腸亭日乗」(永井荷風日記)昭和7年8月27日
 個人蔵 市川市寄託

img
永井荷風(ながい・かふう)

 西郊からの玄関口 新宿
img
街の本 ムーラン・ルージュ 昭和8年 谷中安規 画 小野忠重版画館所蔵

img
龍膽寺雄(りゅうたんじ・ゆう)



 郊外生活 武蔵野
img
「春園」スクラップ 昭和12年 横光利一 著 佐野繁次郎 挿画 神奈川県立近代美術館所蔵

    img
横光利一(よこみつ・りいち)

◇関連事業
特別展ミュージアムトーク
6月27日(土)14:30~

ページトップへ


高橋是清邸内展示
「幼少期からペルー銀山開発まで」


平成27年5月12日(火)~
平成27年8月30日(日)

img

img
江戸東京たてもの園のセンターゾーンには高橋是清邸の主屋と玄関が移築復元されています。高橋是清は1899年(明治32)、赤坂表町(現在の港区赤坂)の武家屋敷跡の土地を購入し、古い建物に住みながら、総栂普請の家を建築し、1902年(明治35)に竣工しました。主屋の2階は是清がくつろいで読書をしたり日記をつけたりする書斎及び寝室として使われていました。1936年(昭和11)2月26日未明、是清が青年将校による襲撃を受けたのもこの場所でした。是清の死後、故人の遺志により、遺族らによって土地と建物は東京市に寄贈され、1941年(昭和16)より、邸宅跡地は「高橋是清翁記念公園」として公開され、邸宅の主屋と玄関は多磨霊園に移築されて、休憩所「仁翁閣」として使われました。1945年(昭和20)、東京大空襲により、邸宅跡地は被災しましたが、多磨霊園にあった仁翁閣は被災を免れ、明治時代の建築を今に伝えています。1993年(平成5)より江戸東京たてもの園の復元建造物として公開しており、1階食堂にて是清の波乱の生涯や赤坂にあった邸宅の全貌などを紹介する展示を行っています。年4回、テーマを変えて、是清の遺品をはじめ、本館(江戸東京博物館)が所蔵する関連の歴史資料などを展示しています。
ページトップへ

くわしくは「企画紹介」ページへ



来園のご案内

<休園日>

<6月の休園日>
6月8日(月)、15日(月)、22日(月)、
29日(月)

<7月の休園日>
7月6日(月)、13日(月)、21日(火)、27日(月)

<8月の休館日>
8月3日(月)、10日(月)、17日(月)、24日(月)、31日(月)

毎週月曜日、月曜日が祝休日の場合はその翌日

<入園料>

一般400円(320円)、大学生320円(250円)、65歳以上の方200円(160円)、
中学生(都外)・高校生200円(160円)、小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
※()は20名様以上の団体料金

<開園時間>
 4月~9月 9:30~17:30
10月~3月 9:30~16:30
※入園は閉園の30分前まで

ページトップへ


(C)EDO-TOKYO OPEN AIR ARCHITECTUAL MUSEUM