img

img

▼施設概要 ▼イベント情報
▼展示室からの情報 ▼おもな展示資料
▼来園のご案内

施設概要

江戸東京たてもの園は、1993年(平成5)3月28日に開園した野外博物館です。都立小金井公園の中に位置し、敷地面積は約7ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの30棟の復元建造物が建ち並んでいます。当園では、現地保存が不可能な文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを目指しています。

(写真は東ゾーン植村邸と大和屋本店)



イベント情報

img
七夕折り紙 えどまる

小暑のつどい


7月5日(土)~6日(日)

「小暑」とは梅雨明けが近づき、
暑さが本格的になる七夕前後のこと。
昔ながらの七夕飾りや朝顔市で
夏を迎えましょう。

くわしくは「企画紹介ページ」
→おトクな情報も

ページトップへ



展示室からの情報

土浦亀城邸居間
土浦亀城邸居間
 
開館20周年記念特別展
憧れのモダン住宅
-建築家土浦亀城(かめき)と信子夫妻の提案

3月15日(土)~5月18日(日)

土浦亀城は1897年(明治30)に生まれ、東京帝国大学建築学科に入学。大学時代にフランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテルの建設に関わりました。政治学者吉野作造の長女として生まれた信子とは学生結婚でした。亀城は大学を卒業後、信子とともにアメリカに渡り、ライトの事務所にて修行。帰国後は、多くの建物を設計しました。この展覧会では、東京都指定有形文化財である「土浦亀城邸」、建築家土浦亀城と信子夫妻について、江戸東京博物館所蔵資料を中心に紹介します。
ページトップへ


第1章

信子の父・吉野作造
夫・土浦亀城
師・F.L.ライト


信子の生い立ち、土浦亀城との結婚、アメリカでの建築修行、信子に関わる3人の男性について紹介します。
 吉野作造と土浦亀城・信子家族写真
吉野作造と土浦亀城・信子家族写真
(前列左から3人目 信子、後列右から3人目 亀城)
吉野作造記念館 所蔵
ページトップへ

第2章

昭和初期の土浦亀城・信子の設計活動

土浦夫妻が設計した住宅作品について建築画面と建築写真(江戸東京博物館所蔵)を中心に展示します。

谷井邸写真
谷井邸写真
ページトップへ

第3章
憧れのモダン住宅・土浦亀城邸

品川区に現存する土浦亀城邸について竣工した約80年前から、現在までの住まい方の変遷についてご紹介します。

img
土浦亀城邸台所写真(1935年ごろ)

※5分の1の縮尺で制作した土浦邸模型は必見!
内部も一部再現しています
ページトップへ


来園のご案内

<5月の休園日>

5月7日(水)、12日(月)、19日(月)、
26日(月)


<6月の休園日>

6月2日(月)、9日(月)、16日(月)、
23日(月)、30日(月)

<7月の休園日>

7月7日(月)、14日(月)、22日(火)、
28日(月)

<休園日>

毎週月曜日、月曜日が祝休日の場合はその翌日

<入園料>

一般400円(320円)、大学生320円(250円)、65歳以上の方200円(160円)、
中学生(都外)・高校生200円(160円)、小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
ページトップへ


(C)EDO-TOKYO OPEN AIR ARCHITECTUAL MUSEUM